20110801-00

  FL Studio for Beginner’s(環境設定編)

    Posted in: For Beginner's
    Tags: , ,

    TotalView: 24,187 views!!


これからはFL Studio初心者に向けた記事の連載もいたします。
FL Studioと出会った貴方は幸せです。私も最初のDAWがFLで良かったと思っています。
しかし、所謂『日本語版』が存在しませんので、最初は戸惑うでしょう。それでもFLの良いところは、直感的な操作にあると思います。
慣れるまで、時間は掛かりませんし、少し慣れれば『日本語版』では無いことを忘れるでしょう。

某巨大掲示板には「FL Studio 初心者&質問スレ」というのがあります。
そこでは、FL初心者の質問もあったりして、FL人口が増えているなと思ったりもしています。
日本語版が無い代わりに、少しでもFL初心者さんのお役に立てればと思い、連載をすることとなりました。

環境設定

ここではすでにFL Studioのインストールを完了した事を前提にしたいと思います。
(インストール中は特に難しい項目はありませんので、すんなりと終了すると思います。)

20110801-01

環境設定は、OPTIONのSystemにある黄色枠の部分です。
このうち今回は、MIDI settings、Audio settings、File settingsについて解説いたします。
(General settingsは最初はデフォルトのままでも十分です)

Audio settings

おそらく、ここが一番重要な設定項目です。
もちろん音楽を作成するので、Audio関係の項目が最優先です。

OPTIONS->Audio settingsを選択すると以下のようなウィンドウが表示されます。

20110801-02

  1. ①の項目でASIOドライバーを選択します。
    すでにオーディオインターフェースをお持ちの方は、付属しているASIOドライバーを、オーディオインターフェースをお持ちで無い方は、FLのインストール時にASIO4ALLを併せてインストールしたと思いますので、そちらを選択してください。
    ASIO4ALLについては私の旧ブログのこちらを参照してみてください。
  2. Sample rate(HZ)は音質に影響を及ぼす項目です。数字が大きければ大きいほど理論上は音質が良くなります。(数字が大きければ大きいほどPCに負荷が掛かります。)
    CDの音質は44100Hzなので最低その値にしてください。
  3. ②のShow ASIO panelをクリックすると、ASIOドライバーのインターフェースが起動します。そちらでBufferサイズを調整してください。
    Bufferサイズは音質に影響を及ぼしませんが、外部MIDI機器との通信に影響を及ぼします。リアルタイムでMIDI機器を操作しなければ、(MIDIキーボードなどによるリアルタイム入力)PCの負荷に影響を及ぼす項目ですので、適切な値としてください。
  4. ②右の赤の下線の項目はFL Studio10からの新規項目です。「いくつかのASIOドライバでパフォーマンスが向上する可能性があります。」と言われていますので、有効にしてください。
  5. CPUの項目ですが、特に赤下線の2項目は有効としてください。マルチスレッド型のCPUを使用している場合は負荷が分散されて全体のパフォーマンスが向上します。
  6. ④のMixerの項目は音質に影響を及ぼす項目です。赤下線部分の値は大きければ大きいほど音質が良くなりますが、こちらもPCに負荷を与えますので適切な値としてください。
※Bufferの値とMixerのResamplingは値を調整しながら適切な値にすると、良い音質を得られるので実践してみてください。(具体的には、Bufferを大きくしてResamplingも大きくする)

File Settings

この項目は主にファイルに関係する設定項目です、フォルダの場所をFL Studioに登録して左にあるエクスプローラーに表示させます。

OPTIONS->File settingsを選択すると以下のようなウィンドウが表示されます。

20110801-03

こちらを登録すれば、サンプルの場所、プロジェクトファイルの場所などが、FL Studio上から検索しやすくなります。また、BrowserNameで任意の名称を登録することもできます。

更に中段赤下線の部分は、デフォルトでOKですが、外部拡張プラグインの在り処を設定します。
他のDAWからの乗り換えの場合は、設定変更する必要がある場合がありますので、確認してください。

下段の赤下線部分は自動保存に係る項目です。

MIDI Settings

こちらはMIDI機器に関する設定です。

OPTIONS->MIDI settingsを選択すると以下のようなウィンドウが表示されます。

20110801-04

MIDI機器を接続していて、尚且つFL Studioで使用する場合に必要な項目です。
例えばMIDIキーボードを接続していて、FL Studioで使用する場合は、黄色枠のInput項目を選択してEnable(有効)としてください。
MIDI機器の制御関係データが予めFL Studioに組み込まれている場合は、Controller typeから機器の名称を選択します。
MIDI機器の名称が無い場合は、その他の候補として一番近そうなMIDI機器名を選択します。
それも無い場合は、『generic controller』としてください。

※FL Studioを立ち上げる場合はMIDI機器の電源がONになっているか、確認してください。FL Studioを立ち上げた後にMIDI機器の電源を入れてもFL側では認識しません。

以上、今回は環境設定についての記事といたしました。
私も英語は苦手で分からない部分も多いのですが、分かりうる範囲でこれからも記事を作成したいと思います【END】

VN:F [1.9.22_1171]

今後の記事作りの参考といたしますので評価をお願いします
Rating: 5.0/5 (24 votes cast)
FL Studio for Beginner’s(環境設定編), 5.0 out of 5 based on 24 ratings

Trackback URL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*